• HOME
  • 不動産の相続税節税チェック

不動産の相続税節税チェックリスト

相続税申告の際に、以下の項目に当てはまる土地をお持ちの場合、土地の評価を減額し、相続税を節税できる可能性がある土地の項目一覧です。
ひとつでも当てはまれば相続税の節税を行える可能性があるため、思い当たる方はぜひ一度ご相談いただくことをオススメします。


checkred1.jpg 間口が狭くないか?(道路と面した長さが8m以下であれば減額できる可能性があります)
checkred1.jpg  奥行きが長くないか?(間口:奥行のバランスが、1:2以上の場合減額される可能性があります)
checkred1.jpg 市街化区域か市街化調整区域か
checkred1.jpg 自宅の敷地と庭はどのように利用されているか
checkred1.jpg 自宅の裏の土地が無道路地になっていないか

checkred1.jpg  面積が大きい土地(500㎡~1000㎡超えていないか)⇒広大地に該当しないか
checkred1.jpg  倉庫が建っている土地
checkred1.jpg  生産緑地に指定されている土地
checkred1.jpg  私道にしか隣接していない土地(公道に面していない)
checkred1.jpg   駐車場と未利用の土地が一緒になっている土地
checkred1.jpg   近くに線路がある土地(騒音が発生する)
checkred1.jpg   近くに墓地がある土地

checkred1.jpg   最も単価の高い土地はどこか、小規模宅地の適用ができるかどうか
checkred1.jpg   二世帯住宅の建っている土地
checkred1.jpg   無道路地(公道に面していない)
checkred1.jpg   不整形の土地(長方形・正方形などの四角形ではない土地)
checkred1.jpg   接道が2メートル未満の土地(間口が2m以下の土地)

checkred1.jpg  市街化調整区域の雑種地
checkred1.jpg  セットバックの必要な土地(道路幅が4m無い道に接している場合)
checkred1.jpg  造成費のかかる土地(畑・田など)
checkred1.jpg  傾斜のある土地
checkred1.jpg   区画整理中の土地
checkred1.jpg   他人の建物が建っている土地

checkred1.jpg   賃貸物件敷地(アパートなどを貸している土地がある)
checkred1.jpg   容積率の異なる土地
checkred1.jpg   都市計画道路に該当する土地
 
上記のような土地がある場合、評価額が減額される可能性があります。

また、土地の評価が減額された場合、数百万円単位で評価額が変わり、税額でも大きな差が発生します
(税率30%の相続税の場合、200㎡の土地の路線価が1万円下がっただけで200万円の評価減となるため、200万円×30%で60万円分の節税ということになり、大きな差が生まれます。)

当事務所ではこれまで数多くの相続税申告を行ってきており、ご依頼いただいたお客様に最大限のメリットを享受して頂ける相続税申告を行っています。


 

 

相続の無料相談会実施中 

ImgTop2.jpg

ImgTop4_1.jpg ImgTop4_2.jpg ImgTop4_3.jpg

 事務所紹介  相続税シミュレーション  選ばれる5つの理由  アクセスマップ


 

Copyright (C) 2013 立川・国立相続サポートセンター税理士法人大石会計事務所(立川エリア)国分寺エリア立川・国立経理代行センター All Rights Reserved.
〒186-0002 東京都国立市東1-4-20 イーストワン国立2F JR国立駅南口より徒歩3分
TEL:0120-356-444/042-574-3900
FAX:042-574-3909